2004年10月

2004年10月24日

疾風怒濤の神無月

ふと気が付くと、前回の更新から10日以上が過ぎ去っておりました。
上越に行って前橋に行って、間にかもねぎショットのワークショップに参加して、
引っ越し先の審査が通ったので不動産屋に契約しに行って、
歌を録音して、振付をして、鹿島に行って栃木に行って、伊藤キム氏の前で踊って、
今日は、御招待で花組芝居『和宮様御留』@シアターアプルを観に行って、
夜は引っ越し準備をして・・・、

うーん、さすがに疲労困ぱい気味のマツノキですフウ。
明日は6時に起きて岩手にトラック野郎☆
かもねぎワークやら伊藤キム氏の有難いサジェスチョンやら花組やら、
書きたいことは山ほどあれど、今日は明日に備えて早く寝ます(嗚呼!)。

今週末も、疾風が吹き荒れる・・・・・!


at 21:59|PermalinkComments(0)日記 

2004年10月11日

リア王の悲劇&春のほたる

10月10日の日記

午後から、自転車で引っ越し先の近辺を実地調査(スポーツクラブ、銭湯、コンビニ、駅までの道程等)しに行って、ここに住もう!と決意。
それから契約をしに不動産屋へ。昨日電話で今日契約しに行くと言っておいたのに、今日になってオーナーさんの審査がないとと言われ、ハァ!?
せっかく決心して出向いたのに、これでダメだったらかなりヘナヘナ~。
うっすら虚脱した状態で、『リア王の悲劇』@世田谷パブリックシアターを観に行く。
もともと、普通に観に行きたいと思っていた公演なのだけれど、今回、幸運にも招待席をゲット!
以前観た、佐藤信演出、柄本明・石橋蓮司・片桐はいり出演の『ゴドーを待ちながら』がとってもよかったので、今回も楽しみにしておりました。
まず、舞台装置が圧巻!舞台全面が階段になっている!しかもかなり高いところまで。
その階段の上で、色鮮やかな山口小夜子の意匠(衣裳)を着た役者たちが演じる訳だけれど、その意匠がまた素敵。まるで和風オートクチュール(笑)。ああ~、着たい(笑)。
序盤こそ一時ウトウトしたものの、3時間30分の舞台、あっという間でした。
ラスト、ドンドコドンドコ鼓童の太鼓が響いて、登場人物がザーッと横から出て来てひな壇の様に並ぶ様式美に訳もなく感動!
"演劇"を観た!という満足感(どんなじゃ)。贅沢!
リアを演じた石橋蓮司はもちろん、長女ゴネリルを演じた中川安奈、エドマンドの斉藤歩、あとエドガーのハラトモヒロが面白かった(っていうか自分がやりたい役(笑)!?)。
その後、同じ回を観た後輩の神社とデニーズで食事。
タイ旅行に行っていた神社に頼んでおいた、刺繍の入った白い長袖シャツとブルガリのスクエアの腕時計を受け取る。
白い刺繍のシャツは、該当するものがなかったので、黒い刺繍入りのシャツをお土産でもらう。ブルガリの腕時計は、しっかりブルガリのカタログに載っている型のものをゲット(笑)。嗚呼、またタイに行きタイ~☆
混雑する店内、お冷やを5杯くらいおかわりして解散。

部屋に戻ってから、NHKスタジオ演劇、鄭義信作『春のほたる』を観る。
うーん、鄭さんの作品はやっぱりええわぁ。ドタバタ炸裂の『まげもん』も好きだけど、
叙情派・鄭義信の台本も演じてみたいものです、本当に。
スタジオ演劇って、何回か見てるけど、どうなんだろ。
『渡る世間は鬼ばかり』なんかも十分スタジオ演劇と言える気がする。
生で観れたらいいのに、なんてスタジオ演劇の意図に反する!?





at 02:09|PermalinkComments(0)日記 

Labo Selection@横浜STspot

9日、テレビでは台風~台風~!とお騒ぎしている割に、窓の外はポツポツ小雨程度なので、
STspot Labo Selectionを観に横浜へ。
STspotが定期的に開催している『ラボ20』の次回、『ラボ5~20#17』キュレーター:伊藤キムに応募しようかどうかドキドキしていたので、これまでの『ラボ20』で選出されたものを観てみたかった訳。
3プログラムあったので、前から興味があった塩沢さんと、今時そうな気配の金魚×10のBプログラムをチョイス。
横浜駅に着くと、雨はザーザーに変わっていて、駆け足でSTspotへ。
前半、塩澤典子「ロックと猫とウォッカ一杯・・・じゃなくって生ビールキンキンに冷やして!!(第二章)
後半、金魚×10「、、、やグカやグカ嗚呼、、、」

会場に入るやいなや、最後部座席でビデオを撮っている知り合いに遭遇(先輩の元旦那)。やっぱりなんだかんだで業界の近さを感じる(笑)。
台風接近にもかかわらず、場内は満員御礼。
前半の塩澤さんのは、椅子に座って何やら思い詰めた表情で始まる。ほとんど動かない状態から次第に、無音なんだけど、何かにノッてる感じ。それが段々激しくなって、耳元のイヤホンを外すと突如大音響でROCKが流れる。
この人の特徴としては、顔の前にたらした長~い黒髪があげられる(?)のだけれど、その長い黒髪がファサファサ生き物のようにうねる様は圧巻。髪の毛一本一本がスローモーションで動いているように見えて、ウワー、なんだか凄い(笑)。
序盤は「こんなの自分の部屋でやってよ」、みたいに思っていたのだけれど、終わってみれば、この人好き(笑)。「こんなの自分の部屋でやってたらスッゲー」(笑)。
最後、キンキンに冷えたビールを片手にプラッと踊って終了。イカす。呑みたい(笑)。
後半、金魚×10。
白いテーブルに白い椅子が4脚、テーブルを囲んで茶系のシンプルお洒落な衣装を来た4人の若い男女。「カッパのなんとかがさぁ~」とかいうポップな会話からスタート。テーブルから離れたところに空手の型を黙々と続ける男子1名。
ゲッ、お洒落でポップでナンセンス!振付的にも演出的にも出演者的にもあんまりハッとする瞬間がなくて、素で笑ってるみたいな感じもちょっと・・・・・。好みの問題でしかないけど。
終演後、せっかくなので、ビデオを撮っていたTさんに「今度のラボ受けようかと思ってる」相談を。全然準備出来てないので、応募するのをかなりためらっていたのだけれど、ダメもとで応募書類、出してきました。間に会うかどうか!
書類を提出して少し気分がスッキリしたところで地上に出ようとすると、ああッ!?
外はデイ・アフター・トゥモロウみたいなことに!
傘が役に立たないことは一目瞭然、傘なしで外へ出たら即いい男だったので、この後ハシゴしようと思っていた、神奈川県民ホールで行われている「ダンスをめぐる風景展」は断念。
またもや風間るり子嬢に会えず!無念!
しばらく自然の驚異を眺めてから、ダッシュで横浜駅へ。
この道中が丁度台風通過の瞬間だった模様(笑)。
なんだかんだ言って台風・・・好きです。











at 00:49|PermalinkComments(0)日記 

2004年10月08日

Dance Circus vol.2@ショーアップ大宮劇場出演のお知らせ。

12月1日(水)、大宮にあるストリップ劇場・ショーアップ大宮劇場のダンス企画、
Dance Circus vol.2(12月1日~10日開催)に、日替わりエンターテイナーとして出演します!
6人の魅力的なダンサーの皆さんの前座的に、20分ほど松之木天辺がショウをやります。
内容については当日のお楽しみ!
ストリップ劇場でしか出来ないようなものにしたいと思っています。
初日を華々しく飾れるよう、日々精進!!

Dance Circus vol.2
http://www.show-up.com/Dance_solo_f.htm
↑すいません、コピー&ペーストして下さい・・・・・。

*ストリップ劇場なので、18才未満の方は入場出来ませんのであしからず。





at 21:40|PermalinkComments(0)日記 

2004年10月07日

旅の記録・其の弐

今日は、引っ越し先を探し求めて一日中動き回っておりました。
なかなか希望するような物件が出て来ないのだけれど、ここだ!と肌で感じる部屋が現れるまで根気よく探すYo!

さて(笑)、前回の旅の記録を書いてから何日経ったのでしょうフウ。
旅の思い出は既に忘却の彼方へ飛んで行く寸前です!
鳥取公演を終えて、17日~21日までは岡山公演。
途中1日空き日があったので、ホテルのレンタサイクルで岡山ウィンドウ☆ショッピングツアーを敢行。ビブレやら天満屋やらロフトやら(笑)。松之木としては珍しく本当にウィンドウ☆ショッピングで済んでとっても経済的なツアーでした。
その後、単身岡山城と日本三大庭園のひとつ、後楽園へ。
観光地でのお楽しみ、真面目馬鹿写真撮影会が1人では出来ず、岡山城も後楽園もさらさら散策してホテルへ。
その後、福山、西大寺と本番があって、26日の倉敷への移動日。
4トントラックを運転して、西大寺から倉敷へ。
昔、紡績工場だった建物を再開発した、つたのからまる赤レンガの素敵な素敵なホテル「倉敷アイビースクエア」にチェックインして、すぐに、白壁の町並みが残る倉敷美観地区へ。
念願の大原美術館を堪能。ここのコレクション、ほんと凄い。時空を越えて、画家と自分が同じ一枚の絵の前にいる、ということが感慨深う御座居ました。別館では、現代日本の作家による作品を展示していて、こっちは、好きか嫌いか、アートって言ったもん勝ち、という世界で、本館とは違う意味で堪能しました(笑)。
その後、前日ホテルのテレビで紹介されているのを偶然見た酵素風呂へ。
車で迎えに来てもらい、風呂に着くと、倉庫のような建物の中に、ヌカが一面厚く敷き詰められていて、室内は紛れもなくヌカ漬けの臭いで一杯。風呂番のオニイサンが死体を埋めるが如くヌカに穴を掘ってくれて、その中に横たわりヌカをかぶせてもらう訳だけれど、気持ちよかった・・・・・(笑)!風呂は、昨日のテレビの反響か満員御礼で、縦に横に男女(混浴!でも男は1人だった)が顔だけ出してヌカに埋まっている様は、何ともほほえましゅう御座居ましたよ(笑)。
風呂に入る前と入った後で、体重、体脂肪、肉体年齢を計った結果、体重は800g減、体脂肪は1.6%減、肉体年齢は1才若返っていて驚喜(笑)。*詳細なデータは伏せておきます。
その後、歩いて倉敷駅に隣接する「倉敷チボリ公園」へ。
照明スタッフの大竹ちゃんと、夢子さんと待ち合わせて、アフター5パスポートでいざ入園!
いやはや、やっぱり遊園地とかテーマパークとか大好きなんだわ、自分(笑)。
メルヘンチックな写真をいっぱい撮って、待ち時間のまったくないアトラクションに乗り、閉園時間の22時まで思う存分。
最後の方で、単身乗り込んだという強者の新人のピョンコちゃんと合流し、ホテルへの帰り道にかろうじて開いていたお洒落な居酒屋さんで飲み食い。
その後、夜の阿智神社、美観地区を通って、ホテルへ。
倉敷これでもかツアー、満喫した~!

とここまで書くのに90分。
続きはまた日を改めてヒー!






28c15c2e.jpg


at 23:45|PermalinkComments(0)日記