2004年12月

2004年12月28日

黒沢美香&Dancers『接吻』、白石加代子『リア王』

↑観て来ました。
アップは諦めますいません。


at 00:36|PermalinkComments(0)日記 

2004年12月24日

新しい門出を祝って!メリー☆クリスマス!

12月22日、こんにゃく座事務所で鍵とクレジットカードを返却し、正真正銘フリーの身となりました。
0d25099e.jpg

これからはじっくり時間をかけて歌、芝居、身体それぞれを磨き上げていきます!
興奮とやる気に満ち溢れたクリスマス☆イヴ、このみなぎったエナジーをどうしてくれよう!


最後のお務め、多摩川→柏→幸手→多摩川の6時間耐久4トントラックツアー。
4トントラックを運転するのもこれが最後!?
ちなみに、時速1○0キロ走行中テヘ!
撮影・ヤッスィー


at 14:18|PermalinkComments(0)日記 

2004年12月18日

こんにゃくオペラ・ファイナル!

いよいよ明日、こんにゃく座の最後の現場となりました。
こんにゃく座ファイナルは、オペラ『森は生きている』の照明操作&照明デザインという最後を飾るに相応しい大仕事!
『森は生きている』は、入座した年から出演し続けた演目なので、自分なりの思いを込めた照明で有終の美を飾りたいと思います。

愛と感謝と音楽を込めて!
@豊橋こんにゃくツアー・ラスト☆ナイト






at 23:34|PermalinkComments(0)日記 

2004年12月13日

養生しなっせ!

こんにゃくオペラ・ツアープレファイナルで、日立3デイズ→愛知と回ってきました。
裏方業務、慣れる前に終わる、きっと(笑)。
今日はオフだったので、自愛をテーマに1日を過ごしました。
午後、前々からチェックしていた近所の歯科に、お茶場でミルキーを食べていた時に取れた詰め物と欠けた前歯をなんとかしてもらいに行く。外観はもちろん、内装もお洒落で、設備がまたチョウ☆ハイテク。撮ったレントゲンはすぐさま診療台の前のモニターで見ることが出来、しかも秘密のペンで画面をなぞると画面が見たいところに移動する!そして先生も松之木天辺が24年間生きてきた中で最も出来る先生で、3つのリクエストを30分で全て診て下さいました!
その後、提出日に出したためしがない年末調整の用紙を自転車に乗って駒沢のこんにゃく座事務所へ。
その後、ネットで見つけた下北沢の美容外科へ、今話題の(遅)!ニンニク注射を打ちに。
電話の対応がタメ口で、かなりインチキ臭かったため、内心ドキドキしていたのだけれど、いい先生でホッ。筋肉注射、激しく痛かったけれど、安さには代えられずウウウ!
その後、下北の街をプラプラして、夕方からカイロプラティック「FREE・CARE下北沢」さんへ。茶沢通りをちょっと入ったところにある、高級感漂うお洒落なデザイナーズマンションの一室。イケメンの先生に、秋のツアーの時からヒッソリ痛かった腰を診てもらう。最後にバキバキっとやってもらって、スッキリ爽やか!バキバキしてもらうと満足するんだよねえ(笑)。

今日の発見。
医者は門構えと先生の顔で決めろ。
以上。

明日からは松之木天辺の命運を懸けた3日間となります(今日のテーマはそういう理由から)。
吉報をお待ち下さい!

さて、ジム行ってこよ。

at 21:54|PermalinkComments(0)日記 

2004年12月06日

Dance Circus vol.2@ショーアップ大宮劇場☆総括其の弐

踊り子さんのステージの感想続き。
4人目、広末順子さん。
とってもお嬢様な雰囲気。
ステージも淑やかで、ストリップ劇場の空間と彼女の存在の組み合わせが不思議な感じ。
2回目と3回目の誘惑の乙女を演じていただきました。感謝!
5人目、若林美保さん。
ホームページの画像がとってもカワイかったので、密かに会うのが楽しみでした(笑)。
誘惑の乙女役を1回目から快諾して下さり、2回目も3回目も皆勤で協力して下さいました。
誘惑の乙女の衣裳は、若林さんが赤い襦袢を放出して下さいました。
和テイストな『魔王』の衣裳に相応しくて、素敵でした・・・!
しかも、大サービスで、襦袢の下は何も着けず!
ステージは、度肝を抜く、豪華金襴緞子の花嫁衣裳!!!
自分が今どこにいるのか、まるで夢でもみているようなクラクラ感(笑)。
BGMは、♪金襴緞子の帯締めながら~!
それを3回、アレンジを変えたもので繰り返すというもの。
殿方の夢、帯を引っ張ってあ~れ~!な演出も観客参加型で有り(笑)。
踊りもきっちり日本舞踊で、余裕の微笑みがなんともはや。
別の回(踊り子さんは、その日4ステージあったら、2~3演目を踊る!)は、ホームページの画像のスパンコールのお姫さまドレスで、うーん、お客さんが長居する訳だ(笑)。
とにかく、若林さんにはお世話になりました!感謝。
6人目、浜崎みうさん。
最初に劇場下見に行った時に挨拶していたので、勝手な親近感(笑)。
楽屋でも『テッペン坊や』と声をかけてくれたりしてエヘヘ(って、自分何才だよ!)。
誘惑の乙女、2回目3回目出演。感謝!
前回の蝋燭を使ったステージがとんでもなくカッコよかったので、今回も楽しみにしておりました。
1回目は、「夜来香」をBGMにチャイナドレスで。
舞台裏のみうさんとは別人のよう(笑)。
ドレスの下は、赤い縄で亀甲縛り状態。
縄を使ったその後の"ベッド"、狂気の中に痛いほどの純粋さが見えるというか、透明で静寂な空気。
こんなに強い存在感を持つ人、そう滅多にいません。
とにかく、惹き込まれました。
前のほうに座ってたおじさんなんか、口をアングリ開けて愕然と見てたもん(笑)。
2回目は、全曲椎名林檎のステージで、いやはや、カッコいい!
全然女らしくないというか、ストリップのステージっぽくなくて(イメージ)、椎名林檎の楽曲の持つ世界を体現してました。
デカダンな雰囲気を醸し出しながらも、純粋に何かを追い求める強さ切なさがあって。
後で楽屋で聞いたところによると、衣裳の着物(黒い着物で、内側に白い模様が入っている)につける、着物の生地を縫い合わせたヒラヒラしたショールが前日の夜に仕上がって、今日は準備がほとんど出来てないとのこと。
・・・・・、凄いよ、あんた凄い!
芸界を軽々と超えた存在感。
浜崎みうを見にストリップ劇場へ足を運ぶ価値有り!

そんなこんなで、松之木天辺のストリップ劇場興行は、興奮のうちに終了!
極彩色の照明、回転盆、ミラーボール、赤いビロードのカーテン、花道・・・・・、ストリップ劇場ならではの機構・効果を思う存分使わせてもらって、本当に気持ち良かったです(笑)。
ショーアップ大宮劇場は、近々支配人が変わって、今回のようなジャンルの垣根を超えた画期的なイベントはなくなってしまうとのこと。
日本一懐の深いストリップ劇場で今回公演が出来たこと、松之木天辺の役者人生の中でかけがえのない貴重な経験となりました。
とってもあったかかった劇場の皆さん、踊り子の姉さんたち、そして松之木天辺の舞台を見てくれたお客さんたちに愛と感謝と音楽を込めて!

at 05:20|PermalinkComments(0)日記