2005年10月

2005年10月22日

☆出演のお知らせ☆

来月の11月3日(祝木)4日(金)、現在、東京都写真美術館にて開催されている
『恋よりどきどき~コンテンポラリーダンスの感覚~』という展覧会の一環として行われる、黒沢美香『ロマンチックナイトin写美』に、黒沢美香&ダンサーズもとい、黒沢美香&男性ズとして出演します。

9月のダンサー☆デビューの興奮冷めやらぬうちに、再びダンスの舞台に立ちます!
スリルに満ち溢れたハードボイルドな舞台となること必至です。お見逃しなく!!!


黒沢美香『ロマンチックナイトin写美』
@東京都写真美術館B1展示室(恵比寿ガーデンプレイス内)
2005年11月3日(祝木)14:30/19:00、11月4日(金)19:00

チケット前売\3000(当日\3500)
*取り扱いは「チケットぴあ(Pコード364-299)」または「イープラス」のみとなっております。←当日受付置き可能になりました!御予約、お気軽に松之木まで!



at 02:17|PermalinkComments(3) 日記 

2005年10月20日

レビュー!

ここしばらくの観劇レビューを一気にアップ!
観た人にしか分からないこともたくさん書きますが、自らの備忘レビューも兼ねているということで御容赦下さい☆

◆オペラシアターこんにゃく座『好色一代男』@世田谷パブリックシアター
古巣、こんにゃく座の新作公演。貧乏なので3階席(パブリックシアターは3階席が一番好きなアングル)。今回は役者が皆嬉々として舞台に立っている雰囲気で楽しい。一幕目は、地の文があまりにも多過ぎてちょっと退屈。二幕目、世之介に捨てられた女の幽霊が大挙して出て来る場面、牢屋で隣同士になった女との淡く悲しい恋物語の場面、おいらん道中の場面がとにかく素敵。牢屋の女を演じたこんにゃく☆プリマの梅さんの声があまりにも美しくて泣けた!『はなしてぇぇええー・・・!』みたいな新劇調の芝居も沁みた・・・・・(笑)。今回、声でワナワナさせられたのは、梅さんと裕加さん。裕加さんの幽霊の時の美しいソプラノベルカントの『ぅおぉおおおお~ぬぉおおおぅえええぇ~』みたいなの、ほんといい声・・・・・(笑)。感想としては、世之介の人生を薄く一生分よりも、ドラマのある場面をもっとじっくり観たかった感じ。
昨日、蜷川演出『天保十二年のシェイクスピア』を観たのだけれど、昨日の舞台の猥雑さったら凄い。乳振り乱してケツ出して腰振ってくわえて。この猥雑さを体験してしまうとこんにゃく座はまだまだ文部省推薦的。どうせやるならもっとエロく!どぎつく!ねぇ(笑)。
・・・・・古巣ゆえ言い過ぎましたが、『好色一代男』、よかったです(笑)!
幽霊を演じた久保田由佳里に乾杯!


◆ソロ道化シリーズ『Fool B』@plan B
昨年暮れ、ショーアップ大宮劇場の楽屋で御一緒した加納真実さんからDMを頂き、ちょうど世田谷公演で共演していた山本光洋さんも出演していらっしゃるし、自転車で行けるしで見物。でも、一番のお目当てはもう1人の出演者、アコーディオン芸人の安西はぢめさん。実は、今度のMono×Poly Opera Theaterでアコーディオンの伴奏を考えているので、アコーディオン奏者を捜索中なのです。その安西さんとのファーストコンタクトは、リクエストの時の指名でした(笑)。『えー、そちらの眉毛に特徴のある学生さん、長調と短調、どちらがいいですか』と聞かれたので、『じゃあ短調で』とリクエストしたら、『他に楽しそうな曲のリクエストありませんか』と無視されるという素敵な役目を果たさせて頂きましたよ!それよりもなによりも"学生さん"と言われたことにルンルン☆←みのもんたに"お嬢さん"と呼ばれて喜ぶオバサン的!
この日は、光洋さんの芸はもちろん楽しかったのですが、加納真実にキターーー!きっと好きだとは思っていたけど、やばい、すっごい好きかも・・・・・(笑)。あと、スペシャルゲストの元気いいぞうさんのために即興でギターを掻き鳴らす役も務めさせて頂き、何だかすっかり参加した気分。
果たして安西さんとのセッションは実現するのでしょうか!乞うご期待!


◆東京コンペ#2『ダンスバザール大賞・最終公開審査』@丸ビルホール
他動式のチラシ挟み込みついでに。初丸ビル!も惹かれるショップ特になし。
甘くみていました、前売り完売。当日券の列に並び、なんとか席を確保。
丸ビルかどこかが主催のダンスのコンペティションで、昨年に引き続き2度目、16組の出演者の4時間ダンスダンスダンス!
言葉で説明してもあんまり意味がなさそうなので、好きだった人を列挙。
ぴょんぴょんしなやかでカワイイKENTARO!氏『井上君起きて、起きてってば!』
グロテスクで美しかった栗原佑実子氏『私の 夢の 中に 放たれた 詩』
キレイなコメディエンヌ、森下真樹氏『東京コシツ』
以上3組を松之木天辺賞といたします。


ここまで書いて力尽きました・・・・・。
◆次号予告
インバル・ピント・カンパニー『オイスター』@世田谷パブリックシアター
だるま食堂のコント『オザナリの微笑』@「劇」小劇場
イデビアン・クルー『迂回プリーズ』@パークタワーホール
渡辺美里オーケストラコンサート『うたの木』@昭和女子大学人見記念講堂
『天保十二年のシェイクスピア』@シアターコクーン



at 00:16|PermalinkComments(0) 日記 

2005年10月12日

歌われる喜び。

昨日の小学校ワークショップで。
今小学校をまわっているワークショップは、しゃべり屋(役者)、おどり屋(ダンサー)、ならし屋(楽器演奏)、ものまね屋(パンタマイマー)、そしてうたい屋(歌手)の5人の"技を持つ大人たち"による"宣伝屋"をモチーフにしたもので、最後に4つのグループに分かれてそれぞれひとつずつ宣伝を作る、という一大ワークショップがあるのですが、昨日のうたい屋チームの依頼は「天国屋」(依頼も子等から頂いたもの)。
「御先祖様と会って会話が出来る」がウリのお店で、さてさてウチの班はどんな宣伝をやりましょう、と集まってくれた子等とミーティングしていたところ、『さっきうたい屋さんがイノシシが死んだ後に後ろを向いて歌った歌を歌うのは?』という案が!
この歌、実はオイラが作曲したもの。後ろ向きでしかもBGMのようにかすかに歌っていた歌なのに・・・・・ウウウ!テッペン感激!
その日は何故かうたい屋チームに集まってくれた子が多くて(たいていは文化系男子5~6人)、せっかくなのでみんなで歌うことに。
サウンド・オブ・ミュージックな気分で(笑)、子等に自作曲を口伝えレッスン。
うーん、みんなまだ声変わりしてなくて(5年生)、ボーイソプラノが美しィ~!
本番も、合間に入れた実演3組がみんなおじいちゃんに会う設定という見事な構成で(笑)、歌も美しくてよかった・・・・・!今回のうたい屋ワーク史上に残る名宣伝となりました。
自分の作った歌が自分じゃない誰かに歌ってもらえたことが思いがけず嬉しかったので言いふらしてみました(笑)。

今日は休みだったので、来年正月に営業用ビデオを撮る予定の小田急線・相模大野のちょっと先にあるホールへ利用申し込みへ。
その後、横浜はSTスポットへダンスシアター他動式のチラシを折り込みに。海老名から横浜行きの急行に乗ったはずなのに、ふと気が着くと海老名へ向かう急行電車に生まれ変わっていました。ええッ、何故・・・・・?いつの間に・・・・・?もうとっくに着いていてもおかしくないのに!
そんなこんなで横浜でも今度ダンスで使う(近々詳細アップします!)腕時計の長さ調整をしてもらったり(自慢じゃないけどタイの屋台土産のブルガリ)楽譜やら来年のスケジュール帳やらをゲットしたりで、8時間のもろもろツアー終了!
部屋に戻ってバタムQしていたら、取り寄せていた楽譜が到着。

ステップ・バイ・ステップ、ハーチュハー☆




at 21:21|PermalinkComments(2) 日記 

2005年10月09日

企ての日々

『吾妻橋ダンスクロッシング』終了後、平日は世田谷区学校公演、土日は舞台見物に出歩いておりました。
とりあえず、松之木天辺のダンサー☆デビューとなった『吾妻橋ダンスクロッシング』の遅ればせながら総括をば。
自分のダンスっぷりについてはしばらく戸棚にしまい込んで寝かせておくとして(課題は
分かっているので引き続き精進、精進!)、松之木天辺ダンサー☆デビューは上手い下手考えず(っていうか開き直って)、あの!黒沢美香&ダンサーズの一員として嬉々として踊らせて頂きました。御免下さい。
今回は前日も合わせて3日間、他の出演者の舞台をガッツリ拝見させて頂き、それも楽しゅう御座居ました。
好きだったのは、康本さんの洗濯マシーンダンス(踊りたい…!)とチェルフィッチュ(緻密!)とKATHY(参加したかった…!)と黒田育世&松本じろペア(濃密な空気に圧倒というか圧迫、の後でほっこりいい気分)。
打ち上げでは、普段稽古場で会うだけで素性の知れないダンサーズの面々と初めて言葉を交わし(ウソ)、ダンサーズが聴取する育世さんのダンス裏話なども聞けてこれまた楽しゅう御座居ました。
ダンスについての課題は、引き続き虎視眈々と(誤用)精進して参ります。

ダンスクロッシングが終わってからは、翌日から世田谷の学校公演の稽古で、それから2週間、平日は毎日世田谷区内の小学校を巡っておりました。この公演についてはまた後日(っていつ)!

他にもホテルオークラの整体に行ったネタや、オペラシアターこんにゃく座『好色一代男』@世田谷パブリックシアター、ソロ道化シリーズ『Fool B』@plan B、東京コンペ#2『ダンスバザール大賞・最終公開審査』@丸ビルホール、インバル・ピント・カンパニー『オイスター』@世田谷パブリックシアター、だるま食堂のコント『オザナリの微笑』@「劇」小劇場、イデビアン・クルー『迂回プリーズ』@パークタワーホールのレビューなども書きたいのですが、今宵はこの辺で・・・・・。
明日は、e+のチケットプレゼントで思わず当選した渡辺美里オーケストラコンサート『うたの木』@昭和女子大学人見記念講堂に美里ファンの友達を誘って行ってきます。こういうの、すごい久しぶり。中野サンプラザにハロー・プロジェクト(笑)行って以来かも。

そうそう、この数週間、来年に向けて様々な企てが繰り広げられております。そのことについても後日改めて!企画段階のドキドキ感、いいねえー。
















at 23:22|PermalinkComments(0) 日記