2006年05月

2006年05月13日

怖がらずに踊ってみる。

昨日の美香クラス、エキサイティングでした。
いつものようにストレッチ、バーレッスンをみっちりやった後、美香さんが収集した昔の歌謡曲がたくさん入っているMDをランダムにかけて、1人1曲、交代交代で踊るということに(初)。
これまでもとにかく1人でしかも即興で踊ることが恐ろしくて仕方なかったオイラは、その話が出た途端1人青面。
美香さんを含め総勢12人で踊る順番を決めるジャンケン。これだけの大人数にもかかわらず一発で二組に分かれ(初)、松之木天辺は堂々の第一位に(やっぱりちょっと嬉しい)!序盤で踊るのも絶対ドギマギすると思ったので、ラッキーナンバーの10番を取る。
どんな曲がかかるのかその瞬間にならないと分からないスリルの中、頭の中でああしようこうしようとかプランを考えるのはやめて、自分の番が来るまでは他のダンサーの踊りをじっくり見ようと腹を決める。後は野となれ山となれ。
うーん、ソロを見るのは面白い。踊りってやっぱりその人自身だとつくづく。
そしていざ、自分の番。どんな曲だったかはもはや覚えていないものの(笑)、今回、人の目は(あまり)気にせず、勝手気ままに踊りたいように音楽に乗って踊る。
そして、2周目にちょっとかかってところで全曲終了。
ああ、動き過ぎたかなぁ・・・・・と内心ドキドキしながら美香さんの話を聞くと、エントリーナンバー10番の天辺からT口さんりっちゃんのラインが本日のアツイところだったとのお言葉。思いがけない言葉に嬉しくて赤面(笑)。
テッペンがあんなに踊っているのを見て驚いた的な言葉をもらって、たくさん動くかほとんど動かないかは踊りの本質とは全くもって関係ないと今更ながら改めて。これまでは、自信がないのをいいことに、ミニマム“チック”に踊ろうと努めていたのは否めない自分。今回、何も考えずに思うままに踊ったことで、要らない打算も(あまり)なく、踊った後、これまでにない清々しい気分を味わいました。
そう言えば、芝居だって歌だって、最初はこれでもかというくらいに色んなものを持ち込んで、収拾のつかない状態から少しずつ少しずつ余分なものを削いで形にしてきたのに、ダンスに関しては何も持ち込まないうちから最終的に研ぎすまされた形ばっかり追い求めていた気が今更ながら(恥)。

今回の稽古で、視界が大きく開けた気満々。
松之木天辺、ダンスダンスダンス期突入!

at 01:14|PermalinkComments(0) 日記 

2006年05月10日

ご、ご、五月!

走馬灯のように過ぎ去っていった4月。
ブログを更新しない日数最長記録を達成してしまいました。
辛抱強くのぞいて下さっている方、すみませぬ・・・!

4月には寂しい別れがありました。
実家のミーコが24年の猫生を全うし、とうとう逝ってしまいました。
ミーコの具合がどうにもおかしいということで急遽新潟へ帰り、
お互いこれが最後だというのが分かっている中で、骨と皮状態のミーコと今生の別れをしてきました。
往生際にまでかじったりつまんだりチュウしたり歌ったりしてゴメンね。
でも、生きているうちに会えてよかった、ミーコ、ミーコ・・・・・!

ミーコの喪にどっぷり服す間もなく、今年後半、来年に向けて物事が動きはじめております。
今日は、松之木天辺 Mono×Poly Opera Theater の営業用パンフが無事上がってきて、
いよいよ本格的に営業活動をスタートさせます。
どうか売れますように・・・・・!

走馬灯の1コマ1コマを鮮やかに細やかに彩っていきたい今日この頃。
ちょっぴりしんみりムードが漂う文面ですが、
松之木自身は今もの凄く鼻息荒く興奮状態です!
ミーコよ、お星様になって見守っていておくれ!

at 00:20|PermalinkComments(0) 日記