2011年04月

2011年04月29日

Scrap & Build

『カフカノート』から早11日。
想像以上に充実した日々を送っています。

21日、夫婦で転球兄やん出演の『桃天紅』@本多劇場を見物に。
娯楽って、本当に人間的な営みだとつくづく&しみじみ。笑ったー!
終演後、人見知りモード全開ながら、演劇業界的な大所帯お座敷飲み会にお邪魔。
中山さんに良くしてもらったり、鬼奴さんにお酌させていただいたり。
そして客席を湧かせに湧かせた転球さんを午前様まで独り占め(話尽き気味)。

22日、今年ピアノ教室を開校したT先生の城へ戦友ホリエさんと。
T先生の手料理を頂きながら、今後の展望について語り合い刺激し合い励まし合う同世代の会。

23日24日、静岡の劇場付きとなったJ氏が週末に花の東京に出て来るというので、ホテル天国開業。
J氏の新しい仕事のことや、お互いの今後について語りつつ宣言しつつ、確認。

25日、花村萬月『ゲルマニウムの夜』読了。
宗教とは何か、神に祈るとはどういうことなのか、修道院を舞台に、体液の臭い、ものの腐る臭い、排泄物の臭いがプンプンする、えげつなくも崇高な花村文学に引き込まれる。
いや、崇高なものなんて、もしかしたらこの世の中には存在しないのかも。
学生の時分になけなしのお金をはたいて買った、同じく修道院が舞台のウンベルト・エーコ『薔薇の名前』を再読したくなった。

27日、『パブの中』の字幕監修をして下さった溝口彰子さんと某くっつけバー(笑)へ。
17時30分から呑んだくれ、お店に雑誌の取材なども入りつつ、実にアカデミックなひととき。
ひとしきり呑んだ後、「くっつけ」に後ろ髪を引かれつつ、ご飯を食べに近くのタイ料理屋『バーンキラオ』へ。
バーでママ特製のカレーをご馳走していただいたにも関わらず、タイ料理ガッツリ。
松之木の次なる野望のことなども。話せば話すほど現実味を帯びてくる(と思い込むあるいは追い込む)この感じ、いいね!
言霊効果と自尊心による背水の陣効果に期待。

28日、27才の誕生日。一日休みだったので、午後髪を切りに。いつも切ってもらっているスタイリストさんに「モード系に」とリクエストした結果、「思い切りのいい学生風」に仕上げて下さいました。えっ、なかなかどうして(笑)。
その後、自分への誕生日プレゼントを買いにLABI新宿東口店へ。
これまで、家のインターネット環境はNTTのADSLだったのだけれど、新しい世界を求めてUQ WiMAXの無線回線を契約。無料お試しの結果、部屋の電波状況はかなり際どかった(電波1本キリ!)けれど、一度つながってしまえばADSLと変わらぬスピードで安いので、ええいやあとギャンブル契約。
これまでは、NTT固定電話+ADSL回線使用料+WILLCOM+プロバイダで、1万円位だったのが、NTTは解約、WILLCOMは誰とでも定額に変更、プロバイダはメールのみコースにして、6,000円ほどに!
そして、料金もさることながら、今回WiMAXにしたのは、もうひとつ理由があるのです。
それは、iPod touch。
ああ!ついに手に入れた!
iPhoneもいいなと思いつつ、WiMAXだとiPodとも部屋のPCでとも接続できて一石二鳥だし、通話はWILLCOMが断然安いしなんだかんだで愛着もあるので、当面はiPod touchとWILLCOMとモバイルルーターの3台使いでイキます。
1円で買った(もらった)新しいルーターでの接続も上々、これから地味にいろいろなアプリデビューを果たしていきたいと思います。

これでグチャグチャだった部屋の回線もスッキリ、放置していた電話機も片付けて、創作のための環境作りは粛々と進んでおります。
テレビももう見なくなって久しいから押入れにしまってしまおう。
冷蔵庫の電源はもうそろそろ入れないと・・・!

イエス、Scrap & Build !

追伸
誕生日のお祝いメールを下さった皆様、ありがとうございました
明日か明後日いいえ、明日御礼メールします

teppen_m at 00:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月28日

待ってま~す!

TEPPEN




teppen_m at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月20日

ブンミおじさんの森

去年の夏、バンコクへ『パブの中』の上映とソロパフォーマンスに行った時に、現地でサポートしてくれたタイ人ダンサー・バブルが、バンコクへ帰る日にアピチャッポン監督のDVDを3枚プレゼントしてくれた。ので、監督の名前は知っていたものの、まだ!DVDを見れていなので、作品を見るのは初めて。

地熱と土のにおいを感じる森の映像に、無性に旅がしたくなった。幽霊が出てきたり、行方不明になった息子が猿人になって帰ってきたりと、結構ファンタジーなんだけれど、それをさらりと受け入れるタイの大らかさ。いいね。生と死を繰り返して世界は続く。また会えるといいな。

シネマライズで4月28日まで。

ブンミ

teppen_m at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) トーキョー見聞録 

2011年04月19日

充電開始!

『カフカノート』、無事に打ち上がりました。
ご来場下さった皆様、キャスト・スタッフの皆様ありがとうございました。
3回とも満員御礼の嬉しい本番となりました。

これでしばらく僕は、充電期に入ります。

振り返ると、
2010年春から

黒沢輝夫・下田栄子舞踏公演『まだ踊る』(黒沢美香&ダンサーズ)
劇団フライングステージ『トップ・ボーイズ』
『パブの中』関西クィア映画祭
『パブの中』バンコク上映+ソロパフォーマンス
冨士山アネット『SWAN』
Team YAMAMOTO presents『ゴッドスペル』
イデビアン・クルー『アレルギー』
松之木天辺『パブの中』10日間レイトショー
『カフカノート』
と、千秋楽翌日から次の稽古開始という怒涛かつ充実の1年間でした。本当にありがたいことです。

このまま舞台続きの生活も続けられたのですが、このあたりで少し落ち着いて、去年の11月に引っ越ししたままほったらかしだった冷蔵庫や電話やテレビに電源を入れて、ダンボール箱を片付けて、部屋の整理をして・・・と、環境をスッキリ整えて次のステージへ進む準備の時間を持ちたいと思います。やっぱり舞台をやってる時って、他のことがまったく手につかないものだとつとつくづく。

しばらくは、部屋の整理をしつつ、映画を見たり、本を読んだり、舞台を見に行ったり、友達とご飯を食べたり、久々に綱島道場に参戦したり、筋トレしたり、ストレッチしたり、シェイプアップしたり、自炊したり、恋したりしながら、自分発信の作品の準備に取り掛かります。
映画になるか、ダンスになるか、歌になるか、芝居になるか、全く別のものになるか、全部になるか(笑)、今はまだ決めないで、時が来るのを待つことといたしましょう。
やりたいことがありすぎて、明日が来ることが漫然と信じられなくなった今、やれるうちにやっておかないとと少し狼狽しています(笑)。

とりあえず、今日はタイのアピチャッポン監督の『ブンミおじさんの森』を見に渋谷のシネマライズに行ってきます~(火曜日サービスデイ1,000円)!

そして、友人にもらった花村萬月『ゲルマニウムの夜』も読進中。

充電期の見聞録も備忘と後学のためにアップしていきたいと思います。

いざ、渋谷。
ああ、急がないと間に合わない・・・!

teppen_m at 13:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2011年04月16日

『カフカノート』開幕

チケット情報
本日16日(土)19時の回、明日17日(日)15時の回完売しました(当日券は出ないとのことです)。
残るは今日の15時の回、思い立ったが吉日でお待ちしています~!

昨日の記事
自分史上最少の稽古日数を経て、『カフカノート』がいよいよ明日開幕します。

今回の舞台は、余計なものを一切取り除いた舞台で、本当に地力がないと成立しない、底力が試される試練の場となること必至です。いつも繰り出しがちな小ネタもろもろも一切封印です!

『稽古は本番と同じようにやらなければならない。本番は稽古だと思ってやればいい』、『中途半端な稽古はやればやるほど輪郭がぼやける』という悠治さんの言葉に、稽古は集中して短時間が好きな僕は大賛同なのですが、劇団時代から本番役者気質の僕は、なかなかどうして本番と同じようには稽古できないのも事実。今日のゲネプロを終えて、心の中に一抹の不穏感を残しての本番前夜です。でも、今日のこの際どい感じ、なかなかいい塩梅だな・・・。

学生時代から好きな歌姫・波多野睦美さん、そしてニグリノーダ以来の足立くん、初顔合わせの黒テント役者・良子さん、そして悠治さんという強豪相手に明日からの舞台、面白がって立てたら!

お時間が合うようでしたら神楽坂まで観戦にいらして下さい!
お待ちしています。

teppen_m at 00:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記